転職の場合はオフィスカジュアルでOKです

学生は就職活動に濃紺をベースにしたリクルートスーツを着ることが多いです。みんながみんな同じような服装で同じようなバッグや靴なので個性があまり出ないように感じます。転職を考える場合、新卒よりも中古のイメージになりますが、新卒よりも現場経験があり社会のことを少し知っているという内容がアピールに使えます。経験者のほうが有利という職場は非常に多いので、そういうところでは、新卒に混じって自分の存在が薄れてしまうような紺色の服装にしないほうが良い場合があるのです。雰囲気としてはオフィスカジュアルっぽいコーディネートがベストですね。少々地味で仕事をするのに邪魔なアクセサリーなどがなく、落ち着いた感じのものです。例えば、ベージュのカーディガンに白いブラウス、茶系のスラックスなどです。きちっとした清潔感があり、自分を明るく見せてくれる色でまとまったスタイルというところでしょうか。明るい色のほうが顔色が明るく見えますし、スーツに比べて堅苦しくない雰囲気ですので面接官も話しやすい人だと思ってくれそうです。

服装で人を判断するというよりも、実力や技術、前職で何を学んだのかなどが採用の決め手になるので、スーツにこだわることはありません。失礼のない程度の服装であれば大丈夫な企業はたくさんありますよ。

奈良 転職