教員への転職のための受験

教員に転職するためには、教員採用試験を受けなければならないが、一般企業で受験する筆記試験としての教養試験を受験します。受験した科目に関して、教養試験の中身に関しては、文章の理解や社会の情勢などを中心とする選択の問題が出されて、高校で習う理科の問題も出題されます。また、数学に関しては数的の推理の問題や判断の推理の問題も出題されます。教養試験が終わった後には作文の科目も出題される場合があります。教員採用試験の中で、体育に関する過程を受験する場合に、体育の場合は体力が要求される過程であるので、体力に関する試験も行われます。基本的には1500メートルを走るときの速さの測定の試験が行われて、体力に自信を持ってテストに望みます。 大学の公務員の教員採用試験を受験する時には、一般の教養試験より難しめの教養試験の他に憲法や民法などの法律の科目に関する試験として、二次の試験として行われます。選択の形式としての問題形式であるが、専門的な法律の知識を要求されます。