転職活動と営業活動の関連性

転職活動とは、いわゆる自分という人間を企業に売っていくための営業活動の一環です。 つまり、自分の価値に関して、企業の利益に貢献できる応募者を優先して企業側が購入するのです。 企業側が企業の発展に貢献できそうな応募者を入社させて、ゆくゆくは会社の柱として会社を支える土台になる役割があります。 しかし、就職のミスマッチなどで有能と見込める社員が退職をしてしまっては、土台を築く事ができないのです。 従って、人事の役割はとても重要であって、有望な応募者を入社させる見極めが必要です。

一方で、中途として就職活動を行う人は、自分という商品を売り込むという作業を行っていかなければならないのです。 会社の営業活動では、日常茶飯事として会社の商品を売り込む事に邁進しています。 どんなに多くの人を募集している企業であったとしても、自分という商品をアピールしなければ、企業も振り向いてくれないのです。 従って、採用担当者を圧倒させるぐらいのアピールの力が必要です。 最近のニュースでは、企業に売り込むための訓練として、再就職に関する活動の塾を開催している学校もあります。